BREEZER

PRODUCTS製品一覧

INVERSION

舗装された道が目の前からなくなった時、そこには新しいライドの楽しみが待っている。

Inversionは、マウンテンバイク乗りのためのロードバイクといってもいい。 溶接部が美しく処理された、D‘FUSION TUBING採用のダブルバテッドのクロモリフレームで、142×12mmスルーアクスル用に改良したオリジナルドロップアウトを採用しており、BREEZERのテクノロジーが全て盛り込まれた、実にマルチなドロップバーアドベンチャーバイクだ。 フォークはフルカーボンで100×12mmスルーアクスル仕様。テーパードタイプのヘッドチューブを採用しており、あらゆる地形に対して快適なライディングが可能。 タイヤクリアランスは38Cまで装着可能で、D‘FUSION TUBINGが採用されたクロモリフレームは最適化された長いヘッドチューブに接合され、友達とロードを走る時でも、シクロクロスレースやグラベルレースで走るときでも、常に快適な乗り心地を提供する。

Inversionは「ロード」バイクという概念を壊していくはずだ。

  • INVERSION
  • INVERSION
  • INVERSION

    INVERSION TEAM frame set[ Sage / Burnt Orange ]

  • INVERSION
  • INVERSION
  • INVERSION TEAM frame set[ Sage / Burnt Orange ]
  • BIKES
  • SPECIFICATIONS
  • GEOMETORY

INVERSION TEAM frame set

PRICE
  • フレームセット¥138,000(税別)
SIZES
45cm, 48cm, 51cm, 54cm
COLOR
Sage / Burnt Orange

画像のダウンロード

  • INVERSION TEAM

    Sage / Burnt Orange




Price ¥138,000 (フレームセット)
Sizes 45cm, 48cm, 51cm, 54cm
Color(s) Sage / Burnt Orange
Frame Breezer D’Fusion fully-butted chromoly steel, tapered head tube, BB92, 142X12 through-axle dropouts
Fork Full-carbon disc, tapered steerer, 12mm through-axle w/rack, fender & side bottle mounts
Headset FSA 1 1/8”-1.5”, Fully Integrated, 36° ACB-Sealed, 6.5mm Aluminum Top Cover
TECH D'fusion/BREEZE-IN
Size 450 480 510 540
Seat Tube, Center to Top 450 480 510 540
Top Tube, Effective 515 540 555 570
Head Tube Length 100 115 130 155
Seat Tube Angle 75 74 73 73
Head Tube Angle 70 70 70.5 71
Chainstay Length 425 425 425 425
Wheelbase 1005 1023 1028 1030
Bottom Bracket Drop 78 78 75 75
Fork Offset 48 48 48 48
Stack 537.02 553.05 566.13 589.91
Reach 369.6 379.73 384.49 387.32
Standover 706.92 729.91 754.66 781.57
Stem 90 90 100 110
Handlebar Width 400 420 420 440
Crank 170 172.5 172.5 175
Wheel Size 700c 700c 700c 700c
Seat Post Diameter 27.2 27.2 27.2 27.2

適応身長表はコチラ

BREEZERTECH

D'FUSION TUBING

D‘FUSION TUBINGはヘッドチューブ周りのような負荷が集合する部分に、ユニークなD形状のチューブを用いたチュービング。このチュービングによりライダーに伝わる衝撃を減らし、フレーム剛性を強化させることが可能となった。 チューブ断面でいうDの字の平らなセクションは一方の曲線セクションの負荷を拡散する働きをし、疲労のリスクを減らす。 これらの技術はヘッドチューブ、トップチューブ、ダウンチューブにとどまらず、 チェーンステーやシートチューブにも使用されている。 このチューブを使用することで、見た目や重量に影響を及ぼす大げさな補強の必要もなく、スマートかつ軽量なフレームを仕上げることが可能になっている。

D'FUSION TUBING

APEX DISC MOUNT

リアブレーキキャリパーがシートステーではなくチェーンステー上に取り付けられている構造、これをAPEX DISC MOUNTまたはAPEX FORCE TRANSFAR (AFTと)呼ぶ。 シートステーに比べ径が太いチェーンステー上に位置することで、ディスクブレーキの制動力を余すことなく受け止めることが可能になり、また一方でシートステーのデザインの自由度は高くなる。 このことは騒音のリスクを軽減することにもつながり、また2つのステー間に位置することで、外的な干渉からも安全に守られ、トラブルに悩まされることも少なくなる。

APEX DISC MOUNT

BREEZE-IN DROPOUTS

1993年の開発当初から、もはやJoe Breezeのアイコン的存在でもあるBREEZE-IN DROPOUTは、標準的なドロップアウトの倍の剛性があり、重量は半分だ。 また、集合する2つのステーは限界までリアアクスル軸に近づけ伸ばすことができ、チューブ形状は限りなく理想の形状に保たれる。 今日では当たり前になっている、このようなドロップ形状はBREEZEがパイオニアである。 このドロップアウトによって変速のフィーリングやホイール交換の効率も格段に良くなるだろう。もちろんライドの質も。

BREEZE-IN DROPOUTS

BREEZERLINEUP

製品ラインナップ

製品一覧に戻る